抽選自動車保険

人気記事ランキング

ホーム > 不動産 > 不動産売却は譲渡所得税の課税対象?

不動産売却は譲渡所得税の課税対象?

不動産売却で利益を得た人は、譲渡所得税の課税対象となることがあります。

 

 

1)売却した不動産を所有していた期間が5年を超える場合…

→ 譲渡所得税は15%の所得税5%の住民税が計算されます。

 

2)所有期間が5年以下だった場合…

→ 1)の倍の税率で課せられます。

 

 

納付時期は、所得税は一括で、売却した翌年2月16日から3月15日までの間、住民税は四半期ごとの支払いに分かれているのです。

 

 

ネット一括査定のおかげで不動産売却が身近に・・・

ネットの一括査定サービスは、不動産売却では非常に重宝します。

 

何となくと言うと、最初から一社だけの査定しかとらないと、あまり相場も理解できないままで安値で物件を売却してしまうことが考えられるためです。

ですから、一括査定サービスを活用して複数の業者の査定額を突き合わせて、一番サービス内容がいいと思った業者に依頼を持ちかけてみるのが効率がいいですよ。

 

 

不動産売却時の経費・費用は?

不動産売却でうけ渡しされる金額は安くはないですから、中々に経費も必要です。

 

 

仲介を頼んだ不動産業者への仲介手数料も売却額に応じて高額になっていきますし、売却によって利益を得た場合は譲渡所得税が賦課されることもあるでしょう。

 

 

取引に使う書類の制作や印紙代といった出費もあるでしょう。

 

 

それだけじゃなく、住居である物件の売却であれば、引っ越しの出費も加味する必要があるでしょう。

 

売却活動の開始前に、どれくらいの費用が必要になるかはある程度把握しておきましょう^^b

 

 

オープンハウスはすべき?そのメリットについて…

売り物の物件の中に入って室内までチェックできるのが、モデルハウスと異なるオープンハウスのメリットです。

 

その時点で居住者が退去していない中古の不動産物件の場合は現状のまま家具などが置いてありますが、そのため「もし自分が住んだら」というシミュレーションもしやすそうです。

 

 

 

さらに、家と伴にその界隈も歩いて回ってみれば、利用しやすそうな立地のおみせのことなど毎日の生活空間もしることが出来るといことも無視できないポイントですね!

 

 

共同名義の場合の注意点や必要なもの

売却を検討している不動産物件が共同名義の場合は、売却の段階で委任状が必要です。

 

こうしたケースにおいては、代表者となって取り引きを行う名義人に、他の全名義人が代表者に取り引きを委ねるという同意の旨を委任状にして渡さなくてはいけません。

 

 

この委任状の効力は期限をもたないため、売買の間、一旦もらったものは効力を持ちつづけます。

 

 

家などの不動産を売りたい人は、その時に印鑑証明、それに、実印の準備が必要になります。

 

 

 

これらは法務局で所有権移転登記のためにいるもので、不動産を購入する側の人は両方とも必要ではないのです。

 

 

もしも、支払いをローンで行うならそうではないのです。

 

この場合に限りローン会社では印鑑証明、及び、実印が必須となります。さらに、連帯保証人がいる場合はその人にも印鑑証明と実印を用意して貰いましょう。

 

不動産を売りたいという時には、その物件の購入希望者から境界確認書を請求されることも少なくないのです。

そのような際には、土地の権利者がたち会いながら、土地家屋調査士が土地境界確定測量をして、境界確認書を制作することになります。

 

 

どうしてこれが必要なのかというと、買おうとしている土地とよその土地の区切りがきちんとわからない際に、売地の面積を明瞭にしてから売値を決めるためというのもありますし、購入する土地に面した土地の権利者とのいざこざを防止するのにも役たちます。

 

 

売却価格の相場について

不動産物件の売却価格は、相場を考慮するなどして、慎重に決める必要がありますね。

適正価格をしるためにも、まず、インターネットを利用して、一括査定を業者に依頼し、査定をしてもらってください。

 

 

一社だけでは判断できませんが、複数社の査定をうければ相場がみえてくるので、

「希望額ではなく、売れそうな価格をつける」

というのがオススメです。

 

不動産業者によっては、仲介業務だけじゃなく、なんとコンサルティングまでしてくれる場合もあるため、話だけでもききに行き、最も高い価格で幾らになるのか考慮してみるのもいいかもしれません。

 

 

一般的には、不動産売却のとき部屋の退去の時期については売り手の都合に合わせて決めることが出来るでしょう。

 

 

そうは言っても、どちらかと言えば、売り出し時点から空いていた方が売値を上げられます。

住居人がいる場合、内覧時から顧客に忌避されることにもつながるので、できれば退去を早めに済ませておいた方が大きな利点となります。

 

 

もしも、不動産物件が売れた時の価格が3000万円を超えなかったら、所得税、それに、住民税の対象にはならないありがたい特例が適用されます。何となくというと、売却した価格のうち、3000万円までが特別控除の対象になるからなのです。

 

また、もし、買い換えで売却価格が安すぎて売却損が出たら、それ以外の所得と合計して、損益通算が適用されるのです。でも、この場合、適用条件として売却物件を5年を超える期間ずっと持っていて、10年以上の住宅ローンを新しく契約し立という二つです。

 

 

任意売却って?

いわゆる任意売却は、売却金額にくらべて住宅ローンの残金が多い(債務超過状態)不動産物件を売却する時に使用される呼び名で、省略して任売という呼び方もあります。

この任売を行なえば、住宅ローンの残債を減らせることもあり、楽なペースで返済することが出来るでしょう。

 

ただ、一般人には難しく、専門的かつ高度な交渉が要求されるため、弁護士、あるいは、司法書士などに一任するというのが賢い選択です。

 

 

一番よくある不動産物件を売る時の失敗は不動産業者の選びミスでしょう。

誠実な業者がいる反面、不誠実な業者もいますから注意が必要です。

周辺の物件の相場を考えない査定額をつけたり、買手を捜す広告活動をおこなわなかったり、必要ないほど大げさに広告活動をしたあげく、広告費として高いお金を支払うようにいってくるなど、様々な被害例が存在します。

 

誠実な仲介業者をみつけるためにも、数箇所の業者に査定を依頼してよく考えて選ぶと失敗しにくいです。

 

また、可能な限り不動産を高値で売りたい人は、査定をさまざまな不動産業者に依頼する事でしょう。

 

「査定額が業者次第でこれほど違うのか?」

 なんていう経験も珍しくないですからね。

 

それと、お奨めなのが専任媒介契約です。

 

一般媒介の宣伝予算は専任媒介よりも少なく、それなりに時間をかけないと買い手が見付かりません。

さらに、専任媒介の場合では売り主に一定期間ごとに状況報告をするのが義務です。

 

 

普通はローンの残金を完済しなくては、その不動産を売ることは出来ません。

 

支払い残高をゼロにできなくて、どうしても売却しなければならない時は、有効な手段として任意売却という方法があります。

 

任意売却の経験豊富な会社がいくつもありますので、信頼できそうなところで詳細をきいて、いいと思ったら契約し、代わりに債権者との話も進めてもらうのがすんなり解決する選択でしょう。

 

売却がすんだら最後は確定申告です!

サラリーマンの方など、一般の方には行ったこともない人も多いようですが、不動産物件を売却したら、確定申告(主に個人事業主や年金生活者などが行うべき手続きです)が欠かせません。

 

●利益が出た場合…

実際、それまで所有していた物件を売って利益が得られたら、必ず確定申告して、譲渡所得税という名前の税金を払わなくてはなりません。

 

●利益が出なかった場合…

逆に、利益が出なかった場合は、しっかり確定申告(主に個人事業主や年金生活者などが行うべき手続きです)をしておけば、節税になる事例も多いのです。

 

結果はどうであれ、とにかく!

不動談物件を売却した場合には、今は税務署に行かなくても可能ですから、確定申告(マイホームの売買でも必要です)するようにしましょう!

 

【記事引用】

不動産売却の流れと手続きについて